舞姫message64<髙尾の天狗 新酒を楽しむ会 開催・八王子に舞姫蔵が??>

<髙尾の天狗 新酒を楽しむ会 開催・八王子に舞姫蔵が??>
3月23日(土)京王プラザホテル八王子にて「髙尾の天狗 新酒を楽しむ会」が開催されました。
総勢237名 八王子の酒販店の他、東京都内からも百貨店、酒販店様が数社、役所関係、薬王院、銀行、飲食店、一般の皆様からの参加もあり、大変盛況な「楽しむ会」となりました。
昨年は約70石の製造石数(1800ml換算7000本)でしたが、今年の仕込みは、農家の皆様の協力のお蔭で酒米が確保され、80石(1800ml換算8000本)の仕込みを行いました。西仲(蔵元)からの挨拶の中で、髙尾の天狗は、新しいステージを迎え、また東京オリンピックを見据え、首都圏へ販売エリアを広げることも発表されました。
同時に、「八王子に蔵を造りたい」との想いも具体的に示され、青写真どころか模型図として紹介されました。舞姫の八王子蔵が「はちぷろ」の活動としていよいよ動き始めます。

用意したお酒は、ウエルカムドリンクとして「プリンセスタイム・ブルーボトル」次いで「鏡開き・乾杯用の天狗の樽酒」「天狗のしぼったばかりの無濾過生原酒」「雄町の純米大吟醸しぼりたて生原酒」が料理と合わせて提供されました。
来賓の方の挨拶に「初めの天狗は旨くなかったが、今の天狗は最高」との言葉もいただき笑いと盛大な拍手。多くの方から「どの酒も、いい酒だね」の言葉は蔵元冥利につきます。
最後の極めつけは「信州舞姫・蕎麦屋の純吟・そばに合う酒」と高尾名物「とろろ蕎麦」です。このお酒「信州舞姫・蕎麦屋の純吟・そばに合う酒」は、まだ未発表の新商品ですが、西仲の想いでこの日のお披露目になりました。(4月16日日本の酒メッセで正式発表予定)是非ご期待ください。
京王プラザホテル様にも感謝、感謝です。料理は、すべて「髙尾の天狗」のお酒、酒かす、酒米粉をふんだんに使用して頂きました。
最後に、八王子芸者の「華麗な春の舞」が披露されあっという間の3時間でした。
ボランティアとして桜美林大学、多摩信用金庫の皆様が駆けつけてくれました。
本当にありがとうございました。
舞姫からは、蔵元・西仲の他 塚本、斎藤、磯崎、宮坂、吉川が参加、このような機会に立ち会えることは、そうある事ではありません。感動の忘れられない時間になりました
平成の最後のイベント、そして新元号になって動き出す新蔵。夢が広がります。

  文責・塚本